トイレの寸法は余裕を持って

一人暮らしの祖母を迎え入れるため、増築工事をしたことがあります。2世帯住宅のようにしたかったため、お風呂場は共用でしたが、キッチンもトイレも新しく作りました。
しかし、居室と比べてあまり深く検討しなかったのがトイレです。既存の住宅から増築部分へ繋がる廊下に設置したのですが、出来上がってみると意外に小さくて使いづらいことに気がついたのです。
確かにトイレとして必要最低限の大きさはクリアしています。でも、ドアの位置の兼ね合いから体を回転させて入らねばならず、バランスが取りにくいこともあって手すりも取り付けました。これが更にトイレを狭くさせてしまったのですが、仕方がありません。
そしてなぜか廊下との段差が大きいのです。若い人でも気をつけないとつまずくような感じです。このトイレの経験から、バリアフリーにするのは大切だなとつくづく思いました。なんでもかんでも段差を無くしたり、手摺りを付ければいいというものではありませんが、こうした観点も必要だなと思います。

PR|小竹町で建てる注文住宅|