マイホームを建てることでの成功は?

「マイホームを建ててみたら家族の関係もなんとかなる」とか、「キレイなマイホームだったら家事を頑張れる」と思って建ててみたけれど、なんともならなかったとかいう話を聞くこともあります。しかし、うちはその法則は当てはまっていると思うんですよね。マイホームを持ったら、「あ、家族として営んでいくんだなー」と、覚悟的なものができましたから。

そして、アパート時代では夫婦ともにわりとぐうたらテキトーだった家事も、マイホームではしっかりとするようになりましたし。なにより、ハウスキーピングも心がけるようになりました。アパートに住んでいた時は、夫婦で洗濯機を洗ったり、家のホコリ取りをするなんてことなかったのですが、新しい家では定期的に行なっていますからね。家事に興味がなかった旦那にしても驚くべき心境の変化です。

私にしても、「家事は仕事だ」と思うようにしているということもあり、そしてまた「新しいうちを少しでも長持ちさせる」という気持ちが働くということもあり、家事をしっかりとするようになりましたね。また夫婦の関係にしても、しっかりと家族として進んでいこうと思えましたから。

家を建てたことにより「覚悟が決まった」感はありましたね。まだ子供がいない時にマイホームは建てているんですが、そもそものきっかけが親戚から土地を譲られることとなり、その土地が「3年以内に家を建てること」的な制約があった土地だったんです。

周囲の土地の価格相場からいえばいくらか割安な土地したし、家賃がそれほど安くはない地域でしたので、マイホームを建てること自体はとくに異論はありませんでした。それに結婚生活にしましても可もなく不可もなくという状態でした。ですからまあ、逆にいえばいつ離婚してもいいぐらいの感じでしたね。

子供がいなかったということもあり、そしてまた共働きということもあって、家事をそれほどお互いにしっかりとしていたわけではありませんでした。私がやっていなくとも文句は言われない間柄で。長期間家をあけることもありましたし。ですから、結婚していても結婚していなくともどちらでもいいような状態でしたね。

けれども、ひょんなことからマイホームを建てることになり、そして一気に「家族」となった感じでしたね。二人で一つの家を建てることとなり、お金のことから将来のことまで改めてしっかり話し合いましたし。ですから、同居人から家族になった感じがしました。今では子供も生まれてガッツリ家族なんですが、マイホームがいいきっかけになったと思います。

よく「マイホームを建ててみてー」は失敗談的に語られることが多いのですが、わが家に関しては成功談だと思っています。

<PR>|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|童話|英語上達の秘訣|心の童話|JALカード|住宅リフォーム総合情報|家計見直しクラブ|クレジットカードの即日発行じゃけん|初値予想|GetMoney|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|ショッピングカート|内職 アルバイト|お小遣いNET|