実家のリフォームは失敗でした

実家は建売の家を購入して数年後に部屋数を増やすためにリフォームをしました。
リフォーム会社はかなり安いところを探してきたようで、聞いたこともないような会社でした。
我が家の両親は設計さんが出してきた設計にそこまで意見することなく工事はすぐに始まりました。
私もまだ小学生でリフォームの設計を教えてもらうこともなく、どこをリフォームするのかもわからないままどんどん工事が進んでいくのを見ていました。
そして完成した家について、子供心に思ったのが、前のほうが良かったということでした。
好きだった吹き抜けもなくなり玄関は暗くなり、駐車場の上に作った中二階は夏は暑く、冬は寒く、結露もひどくて置いていた本が膨らんでしまうほどでした。
結露の多い部屋にいると体調も悪くなるのであまり家族で立ち寄らない部屋になってしまいました。
大人になってからあのリフォームの話をしたら、両親もあれは失敗だったよと言っていました。
なのでリフォームは安いところであっても、自分たちの意見はしっかりと言って、残すべきところは残す、変な設計をだして来たら返すくらいしたほうが良いなと思います。私の家をお願いした平和台の新築工務店は信頼できました。